セラミドが配合された化粧水を使用|ハリのあるビューティー肌

笑顔のレディー

肌への水分補給とその保持

鏡を見る婦人

皮脂の働き

洗顔をすると、顔からは汚れと一緒に皮脂も除去されます。皮脂がいつまでも肌に付着していると、肌がテカテカとして見えたり、油独特の匂いが生じたり、ニキビができやすくなったりします。こういったトラブルを回避するために、洗顔料には皮脂を除去する成分も配合されているのです。しかし皮脂は、肌から水分を逃さないようにするための、ガード役も担っています。そのため洗顔により皮脂が除去された後の肌は、非常に乾燥しやすいです。そしてその状態を改善するために使用されている基礎化粧品が、化粧水です。ほとんどが水分でできているため、使用することで肌にたっぷりと水分補給をすることができるのです。その化粧水の中でも特に人気があるのが、セラミドが配合されているものです。セラミドを肌に与えれば、補給された水分が長持ちするようになるのです。

細胞の隙間に入り込む脂質

セラミドは、肌に存在している脂質の一種で、皮脂と同じように肌の水分を閉じ込める働きをします。皮脂は分泌されることで肌表面に広がっていきますが、セラミドは細胞の隙間に入り込みます。セラミドが少ないと、細胞の隙間から水分が抜け出ていきやすくなりますが、セラミドが多ければ、それは防がれます。そのためこれが配合されている化粧水を使用すれば、肌に水分を与えつつ、潤いを保ち続けることができるようになるのです。化粧水に配合されているセラミドには、米から抽出されたものや、牛乳から抽出されたものなどがあります。しかし昨今では、人間の肌に含まれているセラミドに、きわめて近い構造になるように合成されたヒト型セラミドも配合されるようになっています。スムーズに肌に浸透していくため、効果が出やすいということで注目されています。